キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ

スポンサーサイト

-
ひらくん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XojoDojo 始めるよ

2 Comments
ひらくん
Xojo.com

 最近ちょっと時間が出来て開発ツールの Xojo をちょくちょくと触り始めました。せっかくなのでここは1つ「XojoDojo」という名前で Xojo ネタの記事はシリーズ化してみようかと思います。

【XojoDojoとは】
 XojoDojo は「ゾージョードージョー」と読みます。「Xojo」(ゾージョー)を使って、プログラミングは初めてという方々を主な対象としながら、Xojoネタをつらつらと発信して行く予定です。

【Xojoとは】
 Xojo は米国 Xojo 社(http://www.xojo.com)がリリースしている IDE(総合開発環境)の名称及びその開発環境で使われるプログラミング言語の名称です。Xojo は以下のような特徴を持ちます。

【オブジェクト指向を採用】
 Xojo は非常に簡単な言語仕様ながら完全なオブジェクト指向言語です。言語仕様の習得難易度が低いので、純粋にオブジェクト指向そのものの学習やプログラミングロジックの実装を楽しむ事ができます。

【シンプルな開発環境】
「まず○○フレームワークを入れて」「環境変数に○○を追加して」などの設定は一切必要ありません。ダウンロードした単体アプリを起動するだけですぐ開発を始められます。IDEは Windows / OS X / Linux に対応しています。

【日本では人気があまりない】
 残念ながらこれが最大の特徴と言っても過言ではありません。正直日本ではあまり人気がありません。ただし私の意見としては Visual Studio や Xcode や Eclipse などと比較しても個人開発での使いやすさはダントツです。本国ではラスベガスやカリフォルニアのディズニーランドなどのホテルで毎年カンファレンスが開催されていますので世界的規模で見れば開発者コミュニティは小さくないと思われます。

【「開発」は無料で行えます】
 Xojoで開発したプロジェクトをアプリケーション形式に変換(ビルド)するには有料のオプションを購入する必要があります。ただしIDE上でアプリを起動するのであれば無料で使用できます。IDE上での動作もビルドして実行するのとほとんど変わりません。もし友人にちょっとアプリケーションを使わせてあげたいということであれば、無料のIDEを入れてもらってプロジェクトを実行してもらうという方法もあります。もしプロジェクトの内容を見せたく無い場合はプロジェクトを暗号化して渡す事も可能です。

【ちなみにビルドについて】
 ビルドには最低限「Xojo デスクトップライセンス」という物が必要となります。価格は日本円で3,4000円です。個人で買うには少々高いですが、仕事で使うのであれば価格以上の価値は十分あると思います。

 Xojo の大きな特徴として言えるのはビルドしたアプリがマシン環境に依存することなく実行できるということです。よくある「実行には○○のランタイムが必要です」などのように別途ファイルを準備したり、他のフレームワーク等を事前にインストールしたりする必要がありません。ビルドコマンドで作成されたファイルを他のマシンにコピーして、ダブルクリックするだけですぐ使えます

 IDE がマルチプラットホーム対応していることから分かるように Xojo はクロスプラットホームアプリの開発も行う事ができます。仮に開発マシンが OS X でもそのまま Windows / OS X / Linux それぞれのネイティブアプリがビルドできます。もっとも簡単なクロスプラットホーム開発言語の1つと言えるでしょう。
 なお、2013年12月には iOS 向けアプリケーションのビルド機能が加わる予定です。

 では次回から Xojo を実際に使って行きますのでこちらから 多言語版の Xojo をダウンロードしておきましょう。OS X の場合はダウンロードしたディスクイメージをマウントしてファイルをコピー。Windowsの場合はダウンロードした Xojo2013r2Setup.exe を起動して指示どおり進めるだけです。

 第一回 XojoDojoは「たった4行! あっという間に作れる画像ビューワー」を予定しています。

Google からメール

0 Comments
ひらくん
 なにやらGoogleからAdSenseの規約違反なるメールがきた。なんだこれ??? 内容をみるに「サイトが規約違反になってるからAdSenseの配信止めました」とのこと? うーん、なにがわるいのかなあと詳細を見るに、

「Google 広告を紛らわしい方法で掲載することは禁止されています。最適なユーザーの利便性を保つため、Google 広告とサイトのコンテンツは明確に区別する必要があります。これにはたとえば、スクロールしなければ見えない位置にコンテンツが押しやられ、コンテンツと Google 広告が区別しにくくなるレイアウトなどが含まれます。」

 もしかして? 放置ブログに表示されるFC2の広告でAdSenseの表示が押しやられるから悪いの?

 ということでとりあえず更新w しかしこのルールって、

「AdSense の広告は常にサイトのトップで表示されるようにしろ」

 ってことだよね。まー、AdSenseは昔なんとなく貼っただけでとくにこんな弱小ブログでは缶コーヒー代にもなってないので止まっても一向にかまわんのですがね。なんか面倒だから AdSense 削除しようっと

BookLive! の個人向けアフィリエイトがいよいよ開始

0 Comments
ひらくん
 以前から BookLive! の個人向けアフィリエイトが始まらないかなぁと思っていたのですがやっと始まったようです。ただし独自システムではなくリンクシェア・ジャパンを利用しています。

 成果報酬10%となっていますが、今ならスタートキャンペーンで20%にアップ(2013年5月6日(月)まで)になっています。残念ながらいまのところバナーリンクのみの対応で商品リンクなどには対応していないようですが、これでやっとBookLive! の商品紹介がいろんなブログでも増えてくるかもしれませんね。

DIGAの録画番組をiPad&iPhoneで再生

4 Comments
ひらくん
※Twonky Beam の DTCP-IP 対応機能が、2013年3月2日に公開された Ver 3.4.1 よりアドオンとなり有料化されました(700円)。 ただし以前の Ver ですでに利用されている場合はアップデート後も追加の課金無しで DTCP-IP 機能を利用できます。

 昨年末、個人的に嬉しいニュースがありました。それは iOS の DLNA クライアントアプリである Twonky Beam が DTCP-IP に対応したというニュースです。これはどういうことか簡単に言いますと、

「ハードディスクレコーダで録画した番組を、iPad や iPhone を使って再生できる」

 ということです。ただし、Twonky Beam の公式では SONY 系のレコーダーやテレビでしか検証されておりません。残念ながら私の家で使っているハードディスクレコーダはパナソニックの DIGA DMR-BZT710-K という機種です。まことに残念なことに Twonkey Beam は非対応ということになっています。しかししかし、なにやら調べてみると持ち出し番組という機能を使えば再生できるらしいとのこと。さっそく試してみました。条件と手順は以下のとおり、

条件:DIGAとiPad iPhone などが同じLANに接続されていること
手順:
 ①DIGAで持ち出し番組を作成
 ②Twonky Beam をインストール
 ③Twonky Beam を起動してDIGAに接続して再生

 おーっ! バッチリ成功、見事に再生できました。てーことで以下詳細な手順です。

①DIGAで持ち出し番組を作成
 持ち出し番組を普段から使用しているかたはこの手順は飛ばしちゃってください。持ち出し番組を作るにはまず録画一覧から持ち出し番組を作りたい番組を選びます。


 番組を選んだらリモコンのサブメニューを押してメニューを開き「番組編集」を選択します


 続いて表示されたメニューから「持ち出し番組の作成」を選択します


 持ち出し番組作成の設定を行います。持ち出し方法は「ネットワーク経由」画質は「高画質(ネットワーク経由にすると自動的に選択される)」かんたん転送を使いたい場合は「かんたん転送の登録」は「する」、かんたん転送って何? っていう人は「しない」を選択。最後に作成の開始方法ですがすぐに作成を選択すると選択した番組の再生が始まり同時に変換処理が開始されます。変換には再生時間と同じだけの時間がかかります。ですので、いますぐ試したいなんて場合をのぞいては「電源【切】後」に設定して寝る前に電源を切るのがよいと思います。それと予約録画等を行う際に持ち出し番組の作成を設定する項目があるので iPad で見たい番組を予約する場合は同時に設定しておくと良いかと思います。


 さて、これで DIGA 側の設定は終わりです。あとはもう簡単、

②Twonky Beam をインストール
 AppStore から Twonky Beam をインストールします
BLOG_DTCPIP01.jpg

③Twonky Beam を起動してDIGAに接続して再生
 Twonky Beam を起動し、画面右上のアイコンをクリックします。


 DIGA を選択します


 HDDを選択します


 ビデオを選択します


 持ち出し番組を選択します


 変換済みの番組が一覧表示されるので選択すると再生が始まります


 とりあえず以上となります。持ち出し番組の作成が番組ひとつづつしか設定できないのが手間ですねー。せっかくタイトルの複数選択ボタンがあるのに一度に設定できないなんて。。。ここらへんの操作性は家電メーカーっていう感じですかね。

 今回の設定で録画済みのEテレ番組の数々やアンパンマンなんかが iPad で視聴可能になったので子供に居間のテレビを占領される時間が減りました。ただ逆に iPad を占領される時間がまた増えてしまったわけですが(苦笑) いやー、本当に子供って iPad 好きですよねー。

よいお年を!

0 Comments
ひらくん
 天蕎麦いただきましたぁ〜♪ お蕎麦屋さんの蕎麦なんて大晦日くらいしか食べないんですが、いやーやっぱちゃんとしたお店の蕎麦ってのは美味いですね。

 2012年最終エントリーということで、今年も大変多くの人達に支えられた一年でした。来年もまたいろいろとご迷惑をおかけするかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。それでは、よいお年を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。