0 Comments
 結局技術的な話しに終始してしまう当ブログ(^^; なんだかんだでコンピュータやインターネットのことに一番興味があるんだなあ自分。備忘録もかねて日記を何て思っていましたが断然備忘録の割合が多いですな。


 Perl 5.8の日本語周りは本当にわかりにくく全貌をつかむのに苦労します。いままでJperlを使用してきた人が使うとおそらくいきなり躓く可能性が高いです。前回のエントリーにある日本語処理の簡単なまとめはそれらの躓き安い問題の解説や注意点を一切合切抜きにして、
Perl 5.8.xで日本語をとりあえず使うにはどうすればいいのか」
 ということをまとめたものです。なぜあの設定にするとうまくPerlの内部で日本語が処理されるかということに関してはGoogleなり各所詳細な解説頁がありますのでそちらを参考にしてください。以下に前回のまとめ記事を作成する際に参考にさせていただいた頁を列記いたします。

Perl 5.8.x Unicode関連
Perl-5.8 覚え書き
Perl 5.8.x における日本語コード変換のメモ

 有益な情報を提供してくださる方々にこの場をかりて感謝いたします。また自分もこのような有益な情報を提供できたらなあと日々思ってみたりしてます( ̄▽ ̄; もっともっと充実させよっと。
ひらくん
Posted byひらくん

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。