">

キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.06 09:54|カテゴリ:DSコメント(0)

おいでよどうぶつの森~その1


 おっす「おいでよ、どうぶつの森」スタートでございます。最近テトリスばかりでもどうかなあということで、どうぶつの森を購入しました。
「イィッ!(・∀・」
 ジョッカーではありません。いや、これいいっすよ。かなりはまりそうな予感です。それでは早速スタート。

 まずは自分がどうぶつの森に引っ越す場面から始まります。最初は河童の運転するタクシーに乗って村を目指します。車内では運転手の河童が、
「なんて名前だい?」「かっこいい名前だねぇ~」「これから向かう村ってなんて名前だっけ?」
 などという質問をあびせてきます。なるほど、これで初期設定が決まっていくわけですね。私は名前を「ひらくん」、村の名前を「ぼらぼら村」にしました。

 村に到着。なるほど、ここがぼらぼら村かあ。さっそく役所の住民課に行くとすでにお家が準備されているようです。お家に向かった後に狸の「たぬきち」と出会いました。
なにやらこのお家はたぬきが準備してくれたらしく感謝感謝と思っていると、
「代金は19800ベルね」※ベル→どうぶつの森でのお金の単位
 という衝撃の告白。えぇー! お金とるのかよっ! しかも、
「一度に払うのは無理だろうからローンでいいよ」
 なんだか切ない(^^; まあそんなことを話していると、とりあえずたぬきち商店でバイトをしなさいということになった。しばらくは狸に雇われる身に。商店に到着後いくつか用件をこなしバイト終了。
「いぇーい、自由だっ!」
 と言っても、もらったバイト代は1400ベルだけ。残りのローンを返すためにもこれからは日々稼がねばなりません。とりあえず手始めにそこらへんにある木を揺すってみる。
「ユサユサ。。。ぽとっ」
 おっ! お金じゃんっ! なんと木からお金が落ちてくるじゃないですか。その後再度ゆさゆさ、ぽとっ。またまた出たよ、ラッキー♪。この調子でじゃんじゃんいこうかなあと思っていたら桃を発見。ためしに揺らしてみると、
「ぽとっ×3」
 なんと桃の実が落ちてくるじゃないですか。早速回収回収。さらに海岸をふらついていると貝殻を発見。アコヤガイ? これって真珠じゃないの? おお、ゴージャス。早速回収回収。さ、こうやって回収したアイテムを持って再度たぬきち商店へ。
「営業時間はAM8:00~PM11:00です」
 えぇっーーー!Σ( ̄□ ̄;)) 営業時間なんてあんのかよっ!! しかも俺が働いてたのって営業時間外じゃん!! 深夜にやっていたのでとりあえずセーブして終了です。

 翌日。。。。はっはっは、売りとばしましたよ貝や桃の実。全部で2000ベルほどになったのでこのお金で釣竿を購入。どうやら魚釣りがスタンダードなお金儲けの手段らしいので、釣り師ひらくんとなり、釣竿一本肩に担いで出発です。
 なんとなくお高い魚は海のほうが多いだろうということで海へ。うろうろしていると魚影発見。魚の目の前に釣り針を放り投げます。
「ぽちゃん。。。とりゃっ!」
 効果音とともに浮きわが水中に沈むのでそれと同時にAボタンですっ。いわゆる「アワセ」っていうやつですな。これがまた魚影がつんつんしてるかと思ったら急にパクッとくるのでなかなかおもしろい。レアな魚ほどこのタイミングがシビアになるらしく釣れた時の喜びはひとしお。ということで、こちらが釣り上げたレア魚達です。

シュモクザメ
シュモクザメ

サメ
サメ

ピラルク
ピラルク

シーラカンス
シーラカンス

マンボウ
マンボウ

 さっそく売り飛ばして金にしようと思ったのですが、とりあえずは村の博物館に寄贈することに。この博物館にはそれぞれ「魚」「虫」「化石」が寄贈できるようになっておりここに寄贈することで徐々にコレクションが出来上がっていく仕組みになっています。うーん、まだまだ先は長いぞーっと。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。