0 Comments
 結局子供は近所の個人病院で紹介状を書いてもらい、大型病院でいくつか検査をすることに。
 数年前にできたばかりの病院で建物はかなりきれい。小児科に力をいれているという珍しい病院で、小児科医が24時間常駐し、救急対応をしてくれるそうだ。小さなお子さんを育てている人にはちょっとありがたい。なお、今回は紹介状があるので必要なかったが初診料も1800円ということで大規模な病院のわりにはけっこうお安い。
 小児科にはクッションを敷いた遊び場があり少々狭いが待ち時間の間は子供をそこで放置できるようになっている。靴を脱がせてクッションの上で遊ばせるというのがポイントで、こうすることにより子供の行動範囲が限定されていい感じだ。靴を履いたまま遊ばせてしまうとどこにでも走って行ってしまうからねえ。
 さて我が子の受けた検査の内容は「採血」「検尿」「レントゲン」である。ちなみに採血で注射した箇所に新幹線の絆創膏を貼ってもらい、子供は大喜びしていました。肝心の検査結果は、

「どこも異常ありませんね」

 という感じ。どうやらただたんに風邪ということみたいだ。たしかに肺のレントゲンも綺麗だったしなあ。気管支が若干炎症気味という程度のようだった。しかしまあ、これでちょっと安心かな。最近はだいぶ咳もおさまってきたし、もうすこしで元気になりそうな感じです。完全に元気になったらまた大好きな水族館にでもつれていってやるかなあ。
ひらくん
Posted byひらくん

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。