キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.27 01:27|カテゴリ:AppleScriptコメント(0)

CotEditorで編集中のHTMLをブラウザで開く&Finderで表示


 前回に引き続き今回もCotEditorのスクリプトを紹介。

 まあ前回とスクリプトの中身はほとんど変わってないんですけどね。

 編集中のファイルのパスが取れてターミナルのコマンドを叩けるってことは基本まあいろんなことが出来るわけです。そんな訳で今回は「open」コマンドで編集中のファイルを関連アプリで開くスクリプトです。関連アプリってことでHTMLを編集してるときはブラウザで開けるってすんぽうです。

関連アプリで開く.scpt
set FilePath to ""
set FileName to ""

tell application "CotEditor"
	set FilePath to path of document 0 as Unicode text
	set FileName to name of document 0 as Unicode text
	set isRun to modified of document 0 as boolean
	--保存してない場合はエラーで返す
	if isRun then
		display dialog "ファイルを保存して再度実行してください" buttons {"OK"} default button "OK" with icon stop
		return
	end if
end tell
do shell script "cd " & "`dirname \"" & FilePath & "\"`;open " & FileName

 小ネタすぎなのでもう一個。よく「最近使った項目を開く」からファイルを開いた場合に、

「あれー、開いたのはいいんだけどこれどこに保存してるファイルだっけ?」

 て時に実行するとFinderでスパッと表示してくれます。

Finderで表示.scpt
set FilePath to ""
set FileName to ""

tell application "CotEditor"
	set FilePath to path of document 0 as Unicode text
	set FileName to name of document 0 as Unicode text
	set isRun to modified of document 0 as boolean
	--保存してない場合はエラーで返す
	if isRun then
		display dialog "ファイルを保存して再度実行してください" buttons {"OK"} default button "OK" with icon stop
		return
	end if
end tell
tell application "Finder"
	activate
	set myPath to POSIX file FilePath as alias
	reveal myPath
end tell
 。。。そこのあなた、編集ウィンドウに表示されてる書類アイコンをctrl+クリックしろなんて言わないでっ(>_<) スクリプトで書きたいだけなんですw
 いやはや他のエディタのスクリプティングでも編集中のファイルのパスが取得出来れば使えるので是非プリ便利を体験してくださーい。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。