">

キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.09 04:29|カテゴリ:モバイル端末コメント(0)

MacBook Air用液晶保護フィルムと卵を買ったよー


 本日は珍しく外で打ち合わせ。帰りが遅くなったのでそのまま有楽町のビックカメラでお買い物をしてまいりました。購入したのは先日購入したMacBook Airの液晶保護フィルムです。なんだかいろいろあって悩んだのですがこいつが良さげだったの購入。ビックカメラでたしか1780円くらいでした。
film
ELECOM MacBook用 Air兼用液晶保護フィルム マット 13.3インチワイド EF-FLAMB

 結果、この選択は、

「大正解でした、いやっほい!」

 いままで液晶保護フィルムを数多く使ってきましたが私の中でのナンバーワン。適度な堅さで、超奇麗に貼れました。しかもMacBook Air 13.3インチの液晶にジャストフィットのぴったりサイズ! 一見保護フィルムを貼っているのかどうかも気がつかない程です。素晴らしい。値段も手頃ですし、保護フィルムの選択に迷っている方はこいつを選んでおけばまず間違いないかと思います。

 そしてもう一つ購入したものがあります。それは、

「じゃーん! egg だよー」
egg

 本来であればHTC Ariaを買ってテザリング運用しようと思っていたのですがいかんせん予想外に高すぎでした。そんなことで年間定額を始めたWiMAXを導入することにけてーい。本当はAterm WM3500をばしっと購入して、

「8時間だぜ超余裕~♪」

 と、鼻歌まじりで自慢したかったのですがビックカメラの「端末1円キャンペーン、今だけ」にやられてしまいました。ヤマダやヨドバシでWM3500がキャンペーン価格の2800円程度ということだったのでけっこう悩んだのですが店員のお兄さんの丁寧な接客に感動したので結果的にeggを購入。

 現在行われているビックカメラのWiMAX端末1円キャンペーンですがURoad-7000とこのeggが対象のようでした。ちなみにビックカメラでもWM3500は扱ってるけどキャンペーンとかはやってないんで端末代は19800円とのこと。

 さて、この端末1円キャンペーンの内容はというと、

「端末代金1円。さらに契約後30日以内の解約であれば解除料不要

 というなんとも不思議なキャンペーン。これならtryWiMAXで試さずとも駄目なら即解約でモウマンタイ。

 問題は端末を二択のどっちにするかということですが、URoad-7000は連続使用3.5時間という感じでバッテリーの持ちがよくない。そこで「予備のバッテリーっていくらですか?」と質問したところ、

「3980円です。ただ、いまなら解除料かからずに端末1円ですから、予備のバッテリーを買うよりも2台契約して1台即解約したほうが正直お得ですよ

 おぉ、たしかにおっしゃる通り。たしかにそうなんだけど「ちょっと悪どいですよね」と言ったら店員のお兄さんは苦笑してました。まあ、結局「そんなにがっつり使うか?」という自問のもと、eggに決定しました。こちらは予備のバッテリー無し&充電は専用ケーブルという電源確保が困難な物体なんですが、バッテリーが5時間程度持つってことだったのでそれくらいありゃ私には十分かなと。

 さて意気揚々しゃあしゃあと帰宅。問題はお部屋の中でどんだけWiMAXのスピードが出るかということ。屋内は弱いというWiMAX、じつはちょっとびくびくもんでしたw まあ無線ルータなんで窓際におけば良いだけなんですけどね。設定後にさっそくスピードテスト、とりあえず窓際に置かずにお家の真ん中なで試してみました。結果は平均下りで4Mくらい。いぇーい、元々H11TのUSB接続で1Mの環境だったので結構快適になりました。窓際ならもっとスピードでるんだろうか? 満充電になったらいろいろ場所を変えて試してみようかと思います。今回のWiMAX導入でAriaは見送り。しばらくは通信はWiMAX、音声はH11Tで生活していこうかと思います。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。