キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.16 14:20|カテゴリ:WEBサービス・ツールコメント(0)

FC2ブログにretweetボタンを付ける


 本日はちょっとブログにパーツを追加してみました。
 追加したパーツはReTweetボタンです。Twitterで即呟けるだけでなくエントリに関するつぶやきも数字部分をクリックすることで確認できます。
 やっぱり自分の書いたブログの反応を確認できるのってモチベーションのアップにつながりますよねー、ってことで設定した内容を備忘録代わりに書いておきます。

 今回利用するサイトはTOPSYという検索サイトです。このサイトはTwitter内でのReTweet等を解析して検索結果を表示するいわゆるTwitter検索エンジンと呼ばれるものです。こちらのサイトでは特定のURLに関してのReTweetが簡単にできるような機能を公開しており今回はこのTOPSYで提供されているReTweetボタンを利用することにします。

 ReTweetボタンに関する情報はこちらでご覧ください。Topsy Retweet Button

 上記リンク先で青いボタンが2つありますが、FC2の場合は青いボタンの左側「MANUAL INSTALL」をクリックします。
 すると一通りの使い方を示した頁が表示されます。使い方を詳しく知りたい方は熟読してください。スタイルの変更や色の変更などができてなかなかおもしろいです。私の場合、ブログ記事の文末にちょっとしたボタンとして配置したかったのでサイズや色はデフォルのまま使用することにしました。私と同様に最低限の設定をまず試してみたいという方は以下の説明どおりにやってみてください。

 まず使用法の解説ページのQuick Twho-Step Installを見ると最低限の使用方法が示されています。

 基本的にはスクリプトファイルの読込行をヘッダー部分に追加し、ボタンを配置したい箇所にボタン配置用のHTMLを記述するということです。

 以下の2つのテキストFC2のブログテンプレートにコピペしてください。
1 以下のテキストをヘッダーに記述
<script type="text/javascript" src="http://cdn.topsy.com/topsy.js?init=topsyWidgetCreator"></script>
 テンプレートの「</head>」行の前にでも挿入してください。

2 ボタンを配置したい箇所に以下のテキストを記述
<div class="topsy_widget_data" style="float: right; margin-left: 0.75em;"><!--
    {
        "url": "<%topentry_link>",
        "title": "<%topentry_enc_utftitle>",
        "nick": "自分のTwitterユーザー名"
    }
--></div>
url=記事のURL
title=記事のタイトル
nick=RetWeet時に[@~」の形式で利用されるので自分のTwitterユーザー名がよろしいかと思います

 これは各記事用のボタンになりますのでテンプレート内で記事の表示に使用されているHTML部分を探して挿入してください。あまりテンプレートを触った事がない人だと挿入する箇所がわからないかと思いますが、頑張って探してください。コメント記述用のリンク文字列等を検索するとわかりやすいかと思います。私は記事の文末右側にボタンをつけたかったのでボタンがそのように配置されるよう「style="float: right; margin-left: 0.75em;"」としています。配置箇所や色やボタンの形などを変更したい場合はTOPSYの解説ページを参考にしてみてください。

 FCブログとタイトルにありますが他のブログに配置する場合も同様の方法で配置できるかと思います(当然URLとタイトルの指定方法は変わりますが)。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。