キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.26 16:35|カテゴリ:DTPコメント(0)

DTP関連の開発者には必須の知識


 マルチバイト圏に住まうものにとってはさけてはとおれないUnicodeプログラミング。その勉強の課程で出現するものの一つに「正規化」というものがあります。正規化にかんしては、ものかの氏作成のこちらのドキュメント「Unicode正規化 その1~5」が大変詳しく且つわかりやすいので是非ともご一読ください。日本語プログラミング環境における正規化の問題を丁寧に学ぶことができます。

 特にDTP関連業務をやられている人には激しくお勧めの文献です。プログラマでなくともInDesignなどでテキストデータのコピー&ペーストなんかを行う人には是非とも知っていただきたい必須の内容となっております。

 さて、ものかの氏とは、とあるコミュニティをきっかけによくお話をさせていただいております。今回のUnicode正規化についても大変勉強になるお話をしていただきました。そのようなやりとりの経緯から正規化に関連したスクリプトを一つ作成いたしました。内容はほぼものかの氏公開モジュールの焼き直しです。http://tama-san.comにて公開されております。

 OS Xな人で「CSVで指定された画像ファイル名の存在チェック」や「ファイルリストのログ書き出しにShift-JISを使っている方」には大変有用なスクリプトとなっておりますので是非参考にしていただければと思います。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。