0 Comments
 私は注意書きという物をよく読む。最近ふと、あるROMカセット、はやい話がとくにファミリィーコンピュータによく使われているあのカセットだ、注意書きを読んだ。そこにはこう書かれていた。
「取り扱いは丁寧にお願いします。このカートリッジでのキャッチボールはもちろん、バットでジャストミートするなど、考えただけでもおそろしいことです。」
 誰がするのだろう。あの某アナウンサーのジャストミートさんがするのであろうか。
「このカートリッジには爆発物は仕掛けられていませんが・・・。」
 そんなものがついていたら今頃、世のゲーム好きは人生のゲームオーバーである。さすが、遊びをクリエイトするナ△コさん、注意書きにまで施されたジョーダンには恐れ入った。きっと、これを書いた人は笑いを追求している人なのだろう。私はそんな人になりたい。
 そして今ふと私は感熱紙の注意書きをみている。
「開封後はなるべく早くお使いください。」
 まるでカップラーメンである。早く使わないとどうなるのだろう謎である。更に読みすすめると、
「保存するときは、温度40度以下、湿度80%以下の暗所に保存してください。」
「うーん、温度40度以上、湿度80%以上の日当たりのいい場所など、この地球上のどこに存在するのだろう。」
 そんな場所まで考えて注意書きを書いているのか、さすがこの会社、目の付けどころがシャープである。
 私が自分の注意書きを書くとしたらどう書くだろう。しばらく考えていつか、発表しようと思う。

ブログランキング( ̄ー ̄ クリックすると喜びます
ひらくん
Posted byひらくん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply