2 Comments
 REALbasic2009 Release 1 でましたねえ。
 あいかわらずリリースノートの和訳が無いのでわかる範囲で訳してみた。
 新機能26個についてだけっす。

===以下和訳====
※カッコ内は私のコメントだったりします。

26の新機能
・オプションドラッグでメッソッドやプロパティをコピーする際にグループまるごとドラッグできるようになった
・言語リファレンスウィンドウのフォントサイズを調整できるようになった
・起動時に自動で最近つかったプロジェクトを開くように設定できるようになった
・起動時にQuickStartが表示される
・OpenAsPictureで32bitのマスク付をサポートした(アルファチャンネルサポート?)
・SaveAsPictureでマスクをサポートした
・プロジェクトに画像を追加するのもマスク付きでオッケー
・WindowsでもCanvasのダブルヴァッファをサポートした
・ヘルプメニューからバグ報告ウィンドウが呼び出せるようになった
・プロジェクト分析のエラーレポートがグループ分けされて見やすくなった
・チェックボックスのプロパティにStateが出来たよ。未確定とチェック有無の3つの状態を確認できる。Valueを変えるとStateも勝手に変わる
・リストボックのセルに表示するチェックボックスもListbox.CellStateってのを使えばStateがチェックできる
・ステータスバーにコンストラクタの引数を表示するようになった
・リストボックスのヘッダーの幅を取得できる。リードオンリー
・属性編集ウィンドウでコピペができる
・Option押しながらプロジェクトウィンドウにファイルをドロップすると外部参照形式でファイルを追加できる(やってみたけどダメ?)
・CurrentMethodNameっていうコンスタントを追加。実行中のメソッド名が取得できるからデバッグなんかに便利?(言語リファレンス中の表記はCurrentExecutingMethodNameになってるけどCurrentMethodNameが正しい)
・RectControlとWindowにTrueWindowっていうプロパティができた。これでシートウィンドウやコンテナコントロールのアイテムから、実際に配置されているWindowオブジェクトにアクセスできる。
・プロジェクトに新しいアイテムを追加した時は追加したアイテムのネームプロパティがフォーカスされるようになった
・言語リファレンスウィンドウでコマンド+カーソルキーの左右で履歴をたどれる。マックだけ?
・コンテナコントロールのプロパティリストビヘイビアにアクセスできるようになった
・ファイルデスクリプタやポインタからファイルストリームが取得できるようなった(使った事ないけどこれ新しい機能だっけ? 昔からコンストラクターに引数として指定はできたような? サンプルコードが是非欲しいなあ)
・プロジェクトに追加した画像ファイルなんかがオートコンプリートの候補になったときは追加したアイテムのアイコンが表示されるようになった
・IDE scriptで使えるコンスタントに CurrentBuildAppName が追加された(IDE script、自分以外で使っている人をほとんど知らないっす)
・IDE scriptでDebugBuildコンスタントが利用できる(てかIDEScriptで役に立つの?)
・プロパティとコンスタントだけだがテキストエディタからのコピペで追加できようになった(まとめて追加できるっ!? と思ったら一行ずつしかペーストできなかったよ「a as integer」をコピーしたのちに左側に階層表示されてるグループ「プロパティ」を選択してペースト。IDEScriptを使えばもしかしたらバッチでペーストできるかな?)

 REALbasic使ってる方は是非ご利用ください
IDEScriptMenu.app
 REALbasicのIDE scriptはけっこう便利なんですが情報が少なすぎですよね。このアプリを使うとフロートウィンドウからIDEScriptを実行できます。サンプルスクリプトも同梱していますのでそちらだけでも結構便利です。

公式サイト:REAL Software
ひらくん
Posted byひらくん

Comments - 2

There are no comments yet.
K-Hyodo  

こんばんは。
いつも応援どうもありがとうございます。
そして、記事のお知らせもありがとうございます。

私も、昨晩REALbasic 2009を試してました。
日本語フォーラムで報告した不具合が修正されていなかったのが残念ですが、数々の新機能&不具合修正にワクワクしてました。(^^)
リリースノートは一通り目を通したつもりだったんですが、やっぱり日本語だととてもわかりやすいですね!
「WindowsでもCanvasのダブルヴァッファをサポートした 」というのを見落としていたので、とても助かりました。
これで、Macと同じソースで、Windowsでもチラつきなく描写ができそうですね。

日本語訳、本当にお疲れ様&ありがとうございました!(^o^)/

2009/03/05 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   
ひらくん  

>K-Hyodoさん
いらっしゃいませー。日本でアクティブにREALbasicの開発系情報を発信してる方はそうおられないのでいつも参考にさせていただいております。微力ながらも力添えできたようで恐縮です。私もWindowsでの描画のちらつきには参っていたのであとで実験してみようっと

2009/03/05 (Thu) 10:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。