">

キッズプレート、パスタおかわり

プログラミングやデジモノについてあれこれ
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.27 18:00|カテゴリ:日々の出来事コメント(3)

ロマンスカーVSE展望席に最前列に乗ってきた


 年末に出勤したぶんのお休みをいただけたのでそいつを利用してちょっとした鉄企画を実行してきました。その名も、

「乗った電車でそのまま帰ろう!!
VSE展望席で、がぶりんちょっ♪」


 でございます。この企画名は今この瞬間に適当に思いついた訳では決してありませんので悪しからず。

 なにを隠そう私の妻は鉄子でございます。ちなみに私はまったく鉄道には興味ございません。まあ妻の影響で多少他人よりは詳しくなってしまったやもしれませんが鉄道なんて乗れればいいくらいの感覚です。
「わざわざ入場券を購入して上野駅のホームで一日中新幹線や特急を撮影しまくったり」
「武蔵野モデルのラピートを眺めて恍惚の表情を浮かべたり」

 なんていう鉄子な妻とは一線を画した存在だと自負しております。さてそんなかわいい妻が企画した今回の旅の内容は、
・新宿からロマンスカー乗り込み終点の箱根湯本へ
・箱根湯本に到着したら乗っていたロマンスカーでそのまま新宿へ帰っちゃう
 そうです、
「ロマンスカーに乗って単純往復するのみ」
 という箱根の温泉地としての地位を揺るがす斬新な企画です。まあそこはそこ、ただ単純往復するだけではつまらんということで行きも帰りもなかなか予約が取れない、
「展望席の最前列」
 を確保。気分爽快な眺めで小田急線を満喫しちゃいます。

 さて今回お世話になるロマンスカーはVSEと呼ばれている電車です。小田急電鉄さんのWEBより引用させていただきますと、
ロマンスカーVSE====ここより引用====
「VSE(Vault Super Express)Vault(ヴォールト)(英)=ドーム型の天井、天空、空間の意」と名付けられた、7代目の新型特急「ロマンスカーVSE」。室内高を、従来のロマンスカーより45cm高い2.55mとし(※当社10000形比)、風景を存分に楽しめる展望席を設置するほか、迫力のある眺望を楽しめる連続窓の採用や、高いドーム型の天井などの居住性とともに、快適な乗り心地を向上させるさまざまな技術を採用しています。
(引用元:ロマンスカーのご利用案内
====ここまで引用====
 車体デザインも本当に美しく、
 ・2005年度グッドデザイン賞受賞
 ・2006年ブルーリボン賞受賞
 ・Design for Asia Award 2006 Grand Awards 受賞
 ・iF product design award 2007 デザイン賞受賞
 と数々のデザイン賞を受賞しています。乗ってよし見てよしというひらくん激押しの電車でございます。箱根へ出掛ける際は是非ともこの小田急ロマンスカーVSEに乗車していただきその魅力を満喫していただきたいですなあ。

 さてさっそく展望席へ乗り込みます。リクライニングもばっちり、足回りも広くて超快適です。走り始めてほどなくすると車掌さんがVSEについて簡単に説明をしてくれます。
「VSEのVはVault(ヴォールト)を表し英語の天空を意味します~」
 今回の車掌さんは非常に優しそうな人で言葉使いもとても丁寧。曇った窓ガラスを一生懸命拭いてくれました。
 さて展望席からの眺めですが、
「おぉーっ、一直線で気持ちいぃ~!!」
VSE展望席

 対向車両も正面から迫力満点でせまってきます。子供は大喜びでしょうねぇ。
EXE出現

 今回は天気が曇りと言うこともあり富士山は見れなかったのですがとても楽しめました。VSEやっぱいいですねえ。ちなみに帰りの席に座った際に再度車掌さんの説明を聞くことになったのですが当然同じ車掌さんにまた顔合わせということになります。車掌さんの、
「おいおい、なんであんたらまた乗ってるのよ?」
 という不思議そうなそれでもちょっと嬉しそうな顔が印象に残りました。

おおっ
鉄謎がとうとう白日の下に!(大げさ

私は千代田線なのでたまにロマンスカーを見かけますが、VSE というのは見たことないです。白くてキレイですねえ。

よく見るロマンスカーも車体のメタリック塗装が絶妙で、独特の雰囲気があって、北千住から乗ってみたいな~と憧れてます。(ちなみに鉄じゃないですよ~。父は職業鉄でしたけど)
[ 2009/01/30 20:34 ] [ 編集 ]
>monokanoさん
千代田線でメタリックというとMSEですね。
MSEは最新のロマンスカーで私もまだ乗ったことないんですよ。
ただMSEは地下鉄への乗り入れと通勤を意識した設計など乗り心地に関してはVSEのほうがいいんじゃないかなあと思います。ただ一般的な地下鉄の車両なんかに比べれば快適なのは間違いないでしょうねえ。今度は妻にMSE企画を立ててもらいますか(笑
[ 2009/01/30 23:15 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/05/13 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひらくん Author:ひらくん
どもども、ひらんくんどす。
日々まったり過ごしております。
仕事はDTP関連のスプリクト&アプリケーション開発。
Follow happyscript on Twitter

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。